看護師求人情報サービスのメリットとデメリット

看護師求人情報サービスのメリットとデメリット

看護師求人情報サービスとハローワークの大きな違いとして、営業力の違いがあげられます。

税金で運営されているハローワークと違い、民間の看護師求人情報サービスでは、競争も激しく営業力があるため良い求人が多いというメリットがあります。

ハローワークでは公開求人になりますが、看護師求人情報サービスでは非公開求人が多くあります。

人気のある職場は、応募が殺到し採用側で断るなどの労力を使うため、非公開求人にすることが多く、看護師求人情報サービスの方が良い求人があります。

病院の詳細な情報も把握しており、希望する病院の離職率や、働くスタッフの満足度なども知ることができます。

また、在職中の転職の場合、退職の交渉や、転職先との給料アップや条件の交渉も代行して頂けます。

在職中は、時間が取りづらいためこういった交渉を代行して頂けるのは助かりますね。

複数の面接を行った場合に、断りの連絡も代行して頂けます。

デメリットとしては、再就職手当てを給付したい場合に、離職後3ヶ月はハローワークの紹介による就職しか対象にならないため、看護師求人情報サービスからの就職は給付対象外となります。

このデメリットをどう考えるかだと思いますが、いかがでしょうか?

私の個人的な意見では、再就職手当て以上にメリットのある看護師求人情報サービスをおすすめしたいと思います。

2015年8月29日|